こんにちは、木暮太一です。

先日、NHKの「シブ5時」という番組に
出版業界の専門家として出演しました。

テーマは、「ビジネス書のマンガ化がブーム!?」です。

最近、ビジネス書をマンガにするケースが非常に増えています。
『マンガでわかる●●』のような感じですね。

このブームがなぜ起きたのかを、
出版社経営者の立場から話しました。

【番組内で語ったこと】

番組内でぼくが語ったのは、
1)なぜビジネス書がマンガになっているのか?
2)マンガ版が出ると、元の活字の本が売れる理由
です。

まず、ビジネス書がマンガになる理由は、
読者の「いいものを手っ取り早く読みたい」というニーズからです。

ただ単にマンガにすればいいわけではなく、
「いいもの(名著)」がマンガになっていること。
ここがポイントです。

名著は読んでおきたい、
でも時間がなくて読めない、活字ばっかりで読めない、
でもやっぱり読んでおきたい。

このニーズを満たすのが「マンガ化」です。

要は、活字版は読みたいけど読めない、というのが前提になっています。
なので、マンガにしても売れない本はたくさんあります。

もともとの活字本が「読みたい!」と思われていなければ
マンガにしたところで、無意味ですよね。

 

そして2つ目の「マンガ版が出ると、元の活字の本が売れる理由」は、
比較的簡単な話です。

マンガ版が出ると、
もともとの活字版の本も再度店頭に並びます。
だから、売れる。単純な理由ですね。

次回は、時間の関係で番組内では言えなかったことを書いてみます。

【東京・大阪・福岡で定期開催中!】
木暮太一が本を出版する方法を伝授!
<a href=”http://matomabooks.jp/publish/?utm_source=mail171016&amp;utm_medium=blog” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>「編集者が飛びつく企画書のヒミツ」セミナー</a>