————————————————-
新しく少人数セミナーを、試しにやります。
もうやらないかもしれません。

※ぼくの出版理論講座で語っている内容の一部、
 濃~~~い部分を切り出して、単発のセミナーにします。
————————————————-

「自分の知識や経験を、本にしたい!
 
 でも、どんな本にしたらいいの?
 そもそも、どんな企画にしたら本になるの?」

そう感じている方が多いと思います。

この「出版テーマが見つかる実践ワーク」では、
ずばり「自分の本の切り口」が見つかります。

自分の本のまとめ方がわかる
売れるコンテンツに仕上げるための切り口がわかる
編集者に「その話、詳しく聞かせてください!」と言ってもらえる見せ方がわかります。

編集者は毎日毎日、新しい出版企画を探しています。
つまり、いい企画があれば、すぐ採用したいんです。

でも、なかなかいい企画に巡り合わない。

なぜか?

企画の作り方が「間違っているから」です。
著者の能力が低いのではなく、企画の作り方が間違っているから。

もし、あなたも間違った企画の作り方をしていたら
どんなに頑張ってもなかなか出版は実現しないでしょう。

じつは、「本になるか、ならないか」は、
その企画の切り口が大きいです。

内容の深さより、著者の知名度より、
企画の切り口なんです。

だから編集者がよく「斬新な切り口がほしい」と口にするんです。
中身の深さや情報量よりも、コンセプト、方向性、テーマがまず重視されるんです。

ポイントは、編集者が好むコンセプト。
これがとにかく大事です。

問題は、どうやってそれを作るか?

自分が言いたいこと明確になっていればいい、というわけではありません。
編集者が好むコンセプトを作らなければいけません。

自分ができることを説明しても意味がありません。
それを編集者が評価しなければいけません。

出版企画が採用されないのは、理由があります。

× 自分目線になってしまっている
× 出版業界のトレンドに乗っていない
× そもそも読者対象が定まっていない
× 伝えたい内容が難しすぎる
× 似たような本がありすぎる

これらの課題を解決しつつ、自分の本のコンセプトを作っていきます。
ワークを実施したあと、木暮太一からのフィードバックもあります。

かなり濃い内容でやりますので、少人数の限定セミナーです。
ぜひご参加ください!

…………………………………………………………………………………………………………
◆講座名  出版テーマが見つかる実践ワーク
◆時 間  2時間半
◆受講料  15,000円(税込)
◆会 場  弊社 五反田オフィス
     (JR五反田駅から徒歩3分程度)   
…………………………………………………………………………………………………………

【出版テーマが見つかる実践ワーク】


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
電話番号 ※必須
日程 ※必須

領収書 ※必須