出版企画書は、こう書かなければいけない

こんにちは、木暮太一です。
今日は出版企画書の目的に関して、説明をします。

本を出版するためには、まず出版企画書を書かなければいけません。

出版企画書は、本を出版するためには避けて通れないもので、
皆が書かなければいけないものなんです。

ですが「なんで、この出版企画書を書かなければいけないのか?」
「この企画書の目的とは何なのか?」というのは意外と知られていないんですね。

というのは、誤解している人が非常に多いと思います。
結論から言いますと、この出版企画書の目的は「編集者に会うこと」です。
編集者に会えれば、それでいいですし、編集者に会えなければダメなんですね。

 

で、よっぽどでなければ、
出版企画書の内容がそのまま本になることはない、と思っていただいて結構です。
一生懸命に企画書を書いても、そのまま本になることはないんですよ。

じゃあ、なんでそれを書くかというと、
「この人、面白そうなこと書いてくれそうだな」
と編集者に思ってもらうため。これが最大の目的なんです。

で、編集者と実際に会ったら、
いろんなヒアリングというかですね、いろんなことを聞かれます。
「どういう経験をされたんですか?」
「どういうことを知っているんですか?」
「どういうノウハウをお持ちなんですか?」
というように、どんどんヒアリングをされていきます。

そこで出てきたキーワードやノウハウをもとに
編集者と一緒に作っていくといきます。
それが実際の本作りの工程です。

繰り返しになりますが、出版企画書がそのまま本になるとは思わないでください。

 

編集者というのは、「編集する人」。「編む人」ですね。
情報を編む人なので、完璧なものを持って来られても、
あんまり面白くないわけですよ。

なかには、ラクをしたいというか、
そのまま出せたらいいなと思う人もいるかもしれませんが、
基本的には、いい人・面白そうな人を見つけて、
「自分がこの人の本当の面白さを引き出そう」と思うのが、
「編集者」っていう人種。

なので、企画書を気に入ってもらったら、
そこから打合せやブレストがイチからはじまります。

出版企画書の役割は「この人に会ってみたいな」と思ってもらうこと。
それ以上でもそれ以下でもありません。

それをしっかり認識した上で書いてみましょう。

【東京・大阪・福岡で定期開催中!】
木暮太一が本を出版する方法を伝授!
「編集者が飛びつく企画書のヒミツ」セミナー