出版するためには、ブログ書いていないとダメ!?

こんにちは、木暮太一です。

最近、著者候補が出版社にアプローチすると
「ブログのアクセス数」「アメブロ読者数」を
聞かれることが増えてきました。

それに伴って

ブログのアクセスが1日1万PV以上ないとNG
読者数は少なくとも1000人いないとダメ

などなどいろんな説が出てきています。
しかし率直に言って、
出版を実現するためにブログは必要ありません。

たしかにブログのアクセス数で
「足切り」してくる編集者はいますが、
そういう人はごく一部です。

ほとんどの編集者は
ひとつの参考材料としてか見ていません。

ということで、
ブログがなくても大丈夫です。

※ブログを書きたければ書いても構いません。
「なくても大丈夫」ということです。

ちなみに、ぼくもブログを書いていますが、
有名ブロガーとは程遠く、
アクセス数は大したことありません(苦笑)

それでも本はたくさん出せますし、
毎回毎回、出した本は増刷されていきます。

もし編集者に
「ブログをもっと頑張らないとダメ」と言われたら
別の編集者にアプローチしましょう。
(編集者にアプローチする方法は、
ぼくの出版理論講座で教えています。
興味がある方はぜひご参加ください☆)

苦手なことに時間を使うのはもったいない。
得意なことで勝負しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です