本がベストセラーになるプロモーション方法

こんにちは、木暮太一です。

本をベストセラーにするには
内容がよくなければいけません。

しかしそれだけではなく、
本を「正しく」プロモーションしなければいけません。

多くの方が考えるのは、
ネットでの販促ではないでしょうか?

インターネットでバズらせれば
本が売れていく

ブログで紹介してもらえれば
本が売れていく

ネットニュースサイトに掲載されれば
本が売れていく

Amazonランキングが上がれば
波及効果で売れていく

そう感じているかもしれません。

ですが、それはほとんどありません。

大原則として知らなければいけないのは、

「本が売れるのは、
リアル書店での売り場が拡大するから」

という事実です。

Amazonは非常に大きい書店ですが、
Amazonだけで売れる本が
ベストセラーになることはありません。

リアル書店に並んでいて
リアル書店で大きく売り出されているから
偶然の出会いが生まれ、
その本を買う人が増えていくのです。

かなり意外に思われかもしれませんが、
インターネットでのプロモーションは
ほぼマイナスになります。

「やらない方がいい」のです。

ぼくはAmazonを含む
ネット書店を完全に無視してプロモーションを行います。

1部でも多く、リアル書店で売れるように
仕向けています。

そして継続してベストセラーを出し続けています。

また、Amazonキャンペーンなどを
やってしまった本が、どういう運命をたどるかは
出版業界のPOSデータを見て確認しています。

みんなリアルの書店で惨敗し、
すぐに書店から消えてしまっています。

こうなると、Amazonでしか売っていないという状態になり
「偶然の出会い」を生めなくなります。

そうなると、本は売れなくなるのです。

ベストセラーをつくるには、
リアル書店で売ること。

Amazonリンクを張れば、目先の1冊は売れるかもしれません。
でもそれは長期的に見たら「本を売れなくする戦略」だということ
認識しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です